11

パリの3分クッキング

パリのファッションウィークがスタート!忙しい8日間が始まります。
今年は暖冬なのか、過ごしやすくてホっとしています。が、気を抜くと風邪を引いたりするので、油断は禁物。

「毎日パリでおいしいもの食べられてうらやましい!」とよく言われますが、なかなかそうもいきません。
デザイナーとのアポイントやバイイング、展示会まわり、時間の隙間で市場リサーチ、さらにはホテルとオフィスでこなす東京の仕事・・・など、気力と体力勝負!毎晩外食をしてしまうと、体力が続かないのです。さらにパリの食事はとても高価なので、帰国後に自己嫌悪に陥る過去も何度かあってそこも学びました・・・(笑)。

なのでホテルでのひとりごはんの時間を作ることも大事。
でもスーパーのサンドイッチとかは避けたいし、お惣菜やさんも近くにあるとは限らずだし、あっても一人分のちょぴっとって頼みづらい(←ザ・日本人)。。。

パリのカフェやレストランではサラダがメインのメニューが多いのですが、これがボリュームがあって、シンプルで美味しい。そう、フランスは農業大国。そこらじゅうで美味しい野菜が気軽に買えるわけです。これならホテルでも手軽に美味しく楽しめる?!ってことで、この5年くらいホテルでの「サラダタイム」が定番となりました。

ホテルについてすぐ、最寄の庶民派スーパーへまっしぐら。
「サラダタイム」に必要なものを買って、ホテルに戻ります。部屋に帰る前に忘れてはいけないことはフロントでお皿をフォークを借りること!(今回はミニキッチンが付いていたので大丈夫でしたっ)

「サラダタイム」の3つのキーアイテムは
①オリーブオイル ②バルサミコ ③しお
です。どれも小さいほどよい。まさに「質より量」です(笑)

IMG_7333

そして洗わなくても食べられる「野菜パック」。わたしはルッコラが大好きなのでこれは欠かせません。日本よりずーっと安いのでテンションが上がります。

IMG_7332

IMG_7336

こんなふうにただ盛ります。チーズもちぎって混ぜます。

IMG_7331
最後にトッピング用の、生ハム・サラミ・チーズ。気分によってはオリーブや、ツナやアンティチョークの缶詰を買ったりしますが、たいてい使い切れないので冷静に判断。今回は電子レンジで解凍できる冷凍ポテトを追加!

これを野菜の上に乗せて、オリーブオイルとバルサミコをザザっとかけて、塩をパラパラ~ってして出来上がり。まさに3分クッキング!IMG_7341
そしてワインを一杯。(2杯以上は仕事に影響がでるのでガマン!)
野菜も肉も乳製品もですが、とりわけワインの安さにはいつも驚きます。日本では500円くらいだとだいぶ種類が限られてしまいますが、フランスだとチョイスの幅が広い!
IMG_7343

こんなふうにひっそりと一人クッキングをしながら自分調整しています。

goldieにまたカワイイアイテムがまた届くように、今回も頑張ります!

 

Director : Yoshida