18

『わび・さび』

ご無沙汰しております! 横浜店のKaidaです。

先日、ちょっとした同窓会的なものに行って参りました。

 

DSC_0441

毎回、最後はパリの外資系に勤めるバツイチ女子のM子と私こと訳あり独身のkaidaとの食事会みたいなもの。

まあ、お互い年を重ねた身。

話をすればまあ、それは話題も重たく居た堪れないものです。

 

記念会館で行われる恒例の皇太子様のOB管弦楽団の御演奏会を拝聴するわけでもなく

ダラダラと缶ビール片手に徘徊している私たち。

本当に怠惰です。

 

 

 019

お行儀の良い初等科の子どもたちがウロチョロしている中で酔っ払うのはなんとも爽快!

このアウトロー感がよいのです。

 

とりあえず目的は・・・

027

 この焼きそば。 

じつは私、学生がペチャペチャ喋りながら作る不衛生な焼きそば(しかも500円!)が少々苦手です。 味もアレな感じですし。

 

しかしこちらはプロのもの。 

完璧な味付けです。

結論。料理は心です。

 

 

お酒のあとは・・・

 

 

お茶。

 

045

 こちらは毎年参加している遠州流茶道部のお茶会。

実は前から遠州流のお稽古をしたいなあ、と思ってはいるのですが

なかなか実現できず現在に至っております。

「格より入り、格より出る」ことを修養の基本とする遠州流。

 

 またこんな言葉もあります。

 

「主人は客の心になれ、客は主人の心になれ」

相手の立場にたってものを考える奥ゆかしい思いやりの心を持ちましょう! ということですね。 

 

034

 

右のお嬢さんはM子の仏文の後輩にあたる方。

本当にお綺麗でいらっしゃいます。

お菓子を頂く手も震えてしまいます・・・

 

036

 精神性を追求した『わび・さび』の世界

 

044

 

今回は生花を生ける代わりにこの花柄のお着物をお花と見立てています。誰もが楽しめる客観性のある美の空間が広がります。

 

040

「思いやり」「おもてなし」の心を大切にする日本の茶道を堪能しながら

己のふがいなさを反省しております。

 

 

また次回!お会いいたしましょう。

それではごきげんよう。

 

clumnist/KAIDA

戒田格 2011年アッシュ・ペー・フランス入社。 以来クイーンズイースト、横浜タカシマヤ勤務という横浜店育ち。渋谷109のギャルショップにて10年勤務。

学習院大学大学院フランス文学専攻博士前期課程修了。趣味は重いテーマを扱った小説。文学とファッションなど徒然なるままに書いております。

 

beibi