02

キャバレーを楽しむパリの夜

こんにちは、ディレクターのYOSHIDAです。記念すべき初コラムはセクシーネタ(?!)にさせていただきました!
毎回アポイントやバイイング、市場リサーチに追われる海外出張ですが、一晩だけはご褒美企画を入れるようにしています。
今回は「裸の芸術」と称されるキャバレー“CRAZY HORSE”(クレイジーホース)を観に行きました!
(前回は“ムーランルージュ”だったので、ちょっとヌードフェチっぽい・・・笑)

場所はシャンゼリゼ通りから近くのパリ中心地。日本の「キャバレー」とは違ってお客さんが殿方ばかりではなく女性も多い。そしてどことなくオシャレな人たち。ムーランルージュは観光客がとても多かったのですが、ここは規模が小さいとからか観光客とフランス人が半々という感じでした。
そんな中、クリエイティブ ディレクターのSatomiさんとはしゃぎながら入場待ち。

2-h1

シャンパンとフィンガーフードをいただきながら、幕が開くの楽しみにしておりました。
そしていよいよ開演・・・。
2-h2

美しく完璧なボディのダンサーたち、彼女たちをよりセクシーにさせるために緻密に計算された様々な演出。
裸体にドットを映したり、遠近感を使った光と影のシーンなど、照明の技術と芸術性が素晴らしかった。
ヌードショウというより、臨場感あふれるアート鑑賞というような感覚。
エロティック騎士団に始まり、キャリアウーマン風ストリップ、宇宙のセクシー飛行士、ロープダンス・・・などバリエーションが豊か。私は酔っ払いのメイドちゃんがモップ持って掃除しているストーリーがなんだか愛らしくてよかったです。(写真撮影は禁止なのでご紹介できず・・・)

夢心地の帰り道、あたたかく光るエッフェル塔を眺めながら、次のお楽しみ企画を考えるわたしたちなのでした。

2-h3

絵画鑑賞が好きな私はルノアールやロートレックが描くパリの「キャバレー」という社交場を観るたびにその時代の人々や空間のかおりを想像して楽しんでいました。時代は違えども実際に訪ずれたことでまた少し自分の世界が広がった気がします。
ただのエンターテイメントではない、歴史と文化と性と芸術が融合したパリのキャバレー。最近ではルブタンとのコラボでも話題で、映画でも楽しめます!みなさんもぜひ触れてみてくださいね。

by YOSHIDA

吉田絵美子
1998年アッシュ・ペー・フランス入社。
バイヤーアシスタント1年、パリオフィス勤務を経て、展示会運営やバイイングを兼務しながら営業職を5年。その後、goldie H.P.FRANCEのMDを経て、現在同部のディレクターを務める。

yoshida