04

【THE寿司】~日本に生まれてよかった~

世界中に美味しいものはあふれています。
それは肉だったり、野菜だったり、辛かったり、冷たかったり・・・、とにかくいろんな「食」が存在して、生きるためのみならず、生活に豊かさを与えてくれるわけで・・・。

先日わたしは世界に誇るべき和食「お寿司」を食べにいったのですが、そのお店が自分史上1位のお寿司屋となりました!友人が「気になるお寿司屋さんがあるから」と誘われていったそのお店は、大井町線の上野毛駅から少し離れた住宅街にありました。「いちかわ」という看板も小さくて、うっかり見落とすようなひっそりと佇む店構え。

オープン時間の18時にはもう予約の方で満席で、予約が取りづらい人気店というのも納得。(でも客席も少なく、客同士のスペースも十分にあるので決して窮屈ではなし。)

IMG_6957
まだ誰もいないカウンター内には大きなまな板といくつかの包丁がキレイに並んでいて、どんな職人が現れるのか密かに楽しみにしていると、まずはお若いお弟子さんらしき方が登場。
と!!!思ったら、彼こそが店主であり、素晴らしき寿司職人の市川さんでした。(前情報なく伺ったので・・・、すみません!)

30代前半と思われるその若き職人は、板前さんの定番「丸刈り×はちまき」(←勝手なイメージ?)ではなく、フレッピー感ただようおしゃれヘアスタイル(あくまで個人的な感想)+大きめな黒ぶちメガネ。固定概念が一瞬で抹消。

「今日はどうぞよろしくお願いいたします。」という丁寧なごあいさつに、心地よさと安心感をおぼえました。

IMG_6958
最初に出てきた白子は昆布だしと生姜の上品なだし汁の中に・・・ってグルメレポートするには、まだまだ私の経験値では役不足。店主に申し訳ないので割愛します。(気になる方はインターネットなどで検索くださいませ。笑)とにかく、ひとつひとつ丁寧に作られる作品のようなおつまみやお寿司はすべて絶品。オープンして間もなく星を獲得したというのも納得です。

IMG_6962

そして店主の人柄が素晴らしかった!謙虚な姿勢に、ちょっと小粋なジョークが効いたお話しのおかげで優しい気持ちと愉しい気持ちであっという間に時間が過ぎました。
最後は寒いのに外まで出てきてくださり、気持ちよく見送ってくださいました。

京都の料亭で修業をし、銀座の某名店でお寿司を学んでオープンされたという市川さん。若くして、この技術と人となり。これからどうなるんだろう??と、とても楽しみで応援したくなるようなお店でした。

住宅街のお寿司屋さんとしては少しお高めな値段設定かもしれませんが、都心のこの手のお寿司屋さんだったらと思うと満足のコストパフォーマンス。
静かな環境で、素材を妥協したくないという気持ちがこの場所と値段設定に表れているんだろうな、と思いました。

忙しい毎日の中でこうして良いお店に出会えると、なんて幸せな気持ちになるんだろう・・・としみじみ。
業種は違えども、自分たちがこだわる素敵なものを、あたたかいサービスで提案するという考え方は同じ。勉強になりました。

しかしまぁ、美味しかった。 日本に生まれてよかった・・・。

Director YOSHIDA

今回のオイシイお店:東京都世田谷区中町4丁目 「鮨 いちかわ」

吉田絵美子
1998年アッシュ・ペー・フランス入社。
バイヤーアシスタント1年、パリオフィス勤務を経て、展示会運営やバイイングを兼務しながら営業職を5年。その後、goldie H.P.FRANCEのMDを経て、現在同部のディレクターを務める。

yoshida