55

コンビニ人間 

 

「コンビニで働いていると、そこで働いているということを見下されることが、よくある。興味深いので私は見下している人の顔を見るのが、わりと好きだった。 あ、人間だという感じがするのだった」

 

先日、第155回芥川賞受賞の村田沙耶香さんの作品「コンビニ人間」を読みました。 読みやすい文体で出勤前の1時間ほどで読み終えまました。

冒頭の引用はこの本の象徴する言葉ともいえます。 コンビニの制服を着て働くことでマニュアル以外の余計な動きが許されない。個性を消さなければならない。ある意味コンビニの中で人間っぽいののはお客様だけかもしれない、ということでしょうか。  作品全体においてセクシャリテイの解体をされているのも特色のひとつです。

 

 

物語の主人公は36歳未婚女性の倉石恵子。

子どもの頃から変わった思考回路でエキセントリックな彼女。 大学卒業後は就職を選択せずコンビニのアルバイトで18年目に突入。

彼氏なし。

毎日の食事はコンビニ食で夢の中でもコンビニのレジ打ちをしている。

棚が乱れた他所のコンビニに立ち寄ると彼女にはある声が聞こえてくる。ついつい棚の乱れやPOPを勝手に直してしまう。

「店の『声』が聞こえてくる。コンビニがなりたがっている形、お店に必要なこと、それらが私の中に流れ込んでくるのだった。私ではなく、コンビニが喋っているのだった。私はコンビニからの天啓を伝達しているだけだったのだ」

そんな彼女にある日、婚活目的のどうしようもない白羽という男が店員としてやってくる。 会話に枕詞のように「底辺」をつかう彼からそんなコンビニ的な生き方は恥ずかしい、と突きつけられストーリーが急展開します。

まずストーリーの印象としてはこの白羽さんというキャラクターが(おそらく著者の意図なのでしょうが)とにかく薄っぺらい。

会話の語彙力にも乏しい人柄の印象しかないので筋の通った主人公との絡むレベルに達していなかったのでは、と読後の後味の悪さが残りました。白羽さんはどちらかというと台所のコバエのような不快なのに弱い、そういったキャラクター。敵対するなら徹底的にそこを掘り下げてくれたらなと。

ところで百貨店は丁寧な接客を期待されますがコンビニにはそこまで期待しません。 感情を背後にしまって定型的な接客のほうがむしろ気を使わなくて、客の側としては楽と感じます。 この作品はそういったどこまでが「定型」でどこからが「定形外」の生き方なのかを問いています。

DSC_1754

 

 

コンビニって私も以前働いたことあるのですが中にいるスタッフはいろいろ。

必ず15分時刻する女子高生。コンセントを誤って抜いてアイスクリーム全滅にした人、いつもニコニコしているタイの男の子。芸大ピアノ科の女子学生さん。 お正月に突然失踪した店長。

あ、自分と組んでいるときに必ずレジ点検の時に1万円を抜き取る人もいたなぁ。 考えてみれば随分失礼な話ですよね。

『コンビニ人間』楽しいですよ!

ではまた次回までごきげんよう。

 

コラム 筆者 Kaida

2011年アッシュ・ペー・フランス入社。 横浜タカシマヤのgoldieにて勤務。 学習院大学大学院フランス文学修士修了。日本フランス語フランス文学会会員。文学とファッション、社会学など顧客様に励ましのお陰で不定期ながらも執筆しております。

FLO Kaida 20160325