64

帝国ホテル バイキング攻略法

 

先日、帝国ホテルのインペリアルバイキング サールに行ってきました。

 

DSC_2965-01

今では当たり前となった「バイキング」という食のスタイル。 じつはここ帝国ホテルが発祥(1958年)なんですね。

 

さてこちらのバイキング。

お昼で6000円。 しかも制限時間は90分ですから無計画な食べ方で玉砕するわけにはいきません。

 

DSC_2966

ふと横のテーブルの女子会グループ(会話から病院勤務)のお皿の上にある大量かつ美しい盛り付けが目を惹きます。

でもこのグループはどうやら常連。

見事な食べ方も胃袋も慣れている様子。 この方たちに勝てる見込みはありませんが確実に元は取りたいところ。

食事の順番と配分はこちら。 ビギナー向け。

① サラダ・マリネ 40%

野菜などの食材は高いのでここでしっかり元を取ります。

デパ地下のサラダ売り場をちょくちょく見てると400円前後~/100㌘とお高いですよね。 300㌘買うとあっという間に1000円を超えてしまいます。

帝国ホテルのビュッフェはマリネも確認できただけで8種類。 全種類を頂きましたのでここでもう3000円は元は取れている計算になります。 併せてお肉を頂く前に血糖値を上げないため最初にサラダは鉄則。

 

② 肉類などのたんぱく質 30%

好きなものをお好きなだけ。 私は揚げ物はデザートタイムに支障が出るため全てパス。 単価高めのローストビーフを複数回リピートしました。 もうここで5000円はいっているはず・・・・。

DSC_2961

DSC_2962-01 (1)

 

③ 温かいスープ10%

いちどここでデザートの前に小休止しましょう。

ここで重要なのがここまで炭水化物を取らないこと。 パンやコメは全てパスします。

いきなりスタートからパスタ、バゲット、ピラフなどの単価が安くてすぐにお腹を一杯にする中高生を見かけましたが、これは大人の食べ方としてはNGです。

併せて炭水化物は限られた時間と胃袋の容量を圧迫します。

どうしてもここでお腹が満足しないときはこのタイミングで食べて満足度を調節しましょう。

④ デザート 20%

DSC_2957-01DSC_2963-01

 

稀にスイーツはパスする方がいます。

これらを前に食欲をセーブする素晴らしい自制心をお持ちと尊敬いたします。

しかし、私はこれらを食べないことには帝国ホテルに来た意味がないと思っていますのでしっかり頂きます。

好きなものをすきなだけ。

脳にストレスを与えないように食事をするのも大事なことだと思います。

ここまでで制限時間の10分前。時間も丁度よいくらいの尺に収まりました。

個人的な感想ですが焼肉屋の食べ放題よりもペースが掴めやすかったのが印象。

余談ではありますがこの順番で食べましたが翌日の体重の増減は+-0でした。 ダイエット中もこの食べ方の順番なら大丈夫かも。

ビュッフェでお食事のご予定の方はぜひご参考にしてみてくださいね!

DSC_2964

 

 

コラム  戒田格(かいだ いたる)

 

あDSC_2666 

 

学習院大学大学院フランス文学修士修了。日本フランス語フランス文学会会員。2011年アッシュ・ペー・フランス入社。 横浜タカシマヤのgoldieにて勤務。横浜店7年目突入。

最近、福井県鯖江のメガネを買いました。